日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 老いの心境と寂(さび)の境地

<<   作成日時 : 2015/09/15 13:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「寂(さび)」とは芭蕉とその門下によって打ち立てられた詩的理念である。「寂」は、老年、孤独、あきらめ、静穏などを結合した中世の美意識を指向するが、同時に、多彩で庶民的な江戸時代の文化をも内包している。時には茶の湯の美的理念である「侘(わび)」の同義語として、また、「侘」と組み合わせて使われる。
 藤原俊成は、「寂」の関連語「さぶ」をはじめて使った高名な歌人であるが、海辺の霜枯れの葦といったイメージをひいて、内包する孤独と荒涼の意味を強調した。その後、中世の芸術家世阿弥や心敬は、「寂」の意味として荒涼に比重を置いたので、そこから生れる美は、かなり冷え冷えとしていた。この理念の底に流れるのは、中世仏教徒に典型的な宇宙観で、人間の実存的孤独を認識し、自らその孤独に身をまかせ、孤独の中に美を見出そうとした。
 芭蕉自身は、「寂」についてほとんど書いていないが、弟子たちの俳論から推し量ると、芭蕉の「寂」は中世の理念をかなり変えたものであったらしい。芭蕉は向井去来の次の句に「寂」を認めたという。

      花守や
      白きかしらを
      つき合わせ

このように、白い桜の豪華な美と、白髪の老人の無彩色の美という、美的に対立する価値を組み合わせることによって、孤独の意味をいっそう高めているのである。人生の無常に目覚めた人は、肉体の衰えや孤独をおそれない。それより、その事実を、静かなあきらめをもって受け入れ、そこに喜びの源泉さえも発見するのである。




sabi(寂)

Poetic ideal fostered by Basho and his followers. Sabi points toward a medieval aesthetic combining elements of old age, loneliness, resignation, and tranquillity(静穏), yet the colorful and plebeian(卑俗な、普通の) qualities of Edo-period culture are also present. At times sabi is used synonymously or in conjunction with wabi(侘), an aesthetic ideal of the tea ceremony.
Fujiwara no Toshinari, the first major poet to employ a sabi-related word (the verb sabu), stressed its connotations of loneliness and desolation(寂しさ) by, pointing to such images as frost-withered reeds on the seashore. With later medieval artists such as Zeami and Shinkei, the implications of sabi focused so heavily on desolation that the emerging beauty seemed almost cold. Underlying this aesthetic was the cosmic view typical of medieval Buddhists, who recognized the existential loneliness of all men and tried to resign themselves to, or even find beaty in, that loneliness.
Basho himself wrote little on sabi, but from his disciples' writings it can be inferred that his concept of sabi was a considerably modified version of the medieval ideal. Basho is said to have found sabi in this haiku(俳句) by his disciple, Mukai Kyorai:

Two blossom-watchmen
With their white heads together
Having a chat

Such a synthesis of conflicting aesthetic values --- the gorgeous beauty of the white cherry blossoms and the "colorless" beauty of white-haired old men --- elevates loneliness to a higher level of meaning. A person awakened to the essential mutability(変わりやすさ) of life does not dread physical waning(衰え) or loneliness; rather, he or she accepts the sad facts with quiet resignation(あきらめ) and even finds in them a source of enjoyment.





荒井公康
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kimmusic/
kimi1955-music@kir.biglobe.ne.jo




Good-bye My Loneliness
ポリドール
Zard

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Good-bye My Loneliness の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老いの心境と寂(さび)の境地 日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる