日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 涙が落ちる

<<   作成日時 : 2016/11/06 16:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 いつものように、自転車で川崎方面に向かう途中で、鶴見川を渡るのだが、川面から冷たい風に吹かれてなのか、涙が出てきてしかたがない。別に悲しい訳ではない。少なくとも意識の上では悲しみはない。しかし、今日で何回目であろうか。一度や二度ではない。よく考えてみると、本当のところ無意識の領域では悲しいのではないか。両親はもういないし、孤独な生活が続いている。母の死から、もう14年になるから、悲しみを意識する感覚も麻痺してしまっているが、体の無意識の領域で悲しみを覚えていて、無意識に涙が出るような気もする。
 キリスト教でいう聖霊とは人間の無意識の領域で働くものではないだろうか。人間は普段の生活で、意識的に生活している時間は少ないもので、ほとんどは無意識に行動し生活しているのではないか。無意識に行動していられる分には、スムーズに生活が進行していると言ってよい。なにかアクシデントがあると、意識が目覚めて、行動を改めるというのは普通のことだろう。なぜこのようなことを言うのかというと、私たちの心の動きは御霊の働きによるものでありながら、その御霊の働きも、人間の意識や知性で捉えられるものではなく、人間には知ることができない無意識的なものであるからである。あくまでも、人間は、事後的に自分の行動や生活を反省してみて、聖霊の働きというものを間接的に把握しうるに過ぎない。
 何故、川を渡ると涙がでるのだろうか。悲しみを忘れた私に、御霊が悲しんでもいいんだよ、とそっと慰めてくれているのかも知れない。男である私には泣くのは難しい。私は祈ることが得意でないのであるが、そんな場合にも、御霊がとりなしとして、替わりに祈ってくれるという。この涙は、私自身の替わりに、聖霊が、両親や自分の孤独のために、流してくれているのかも知れない。聖霊は私の心よりも私の体のほうが御しやすいと理解してくれているのだろう。悲しみのない涙も、悲しんで流した涙と同様、人を慰めるという効用があるのかも知れない。
 もし、キリスト教が普遍的な一神教だとするならば、神の愛はクリスチャンばかりでなく、すべての人類に及ぶのではないか。これを否定することは、キリスト教を一種のローカルな宗教と見なすことであり、キリスト教の普遍性をも否定することだろう。クリスチャンがノンクリスチャンを否定すれば、自己否定に陥り、社会に軋轢を生むのではないか。社会はクリスチャンだけで成り立つわけではない。独自性を失うことなく、他宗教との協調も必要だろう。そうでなければ、自分と違うものは何でも否定してしまう、という狭隘な立場に陥るだけだろう。
 キリスト教の核心は「信仰、希望、愛」にあり、そのうち最も大切なものは「愛」で、神と隣人を愛することが教えられています。その愛(アガペー)は自己犠牲の愛、他者実現の愛であり、必ずしも個人の幸福に繋がるとは限らないが、お互いに愛し合うことも教えられており、その時に天国が現れる、ということでしょうか。





to be continued.............


荒井公康
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kimmusic/
kimi1955-music@kir.biglobe.ne.jp 



ヘミシンク入門?未知領域への扉を開く夢の技術 (驚異のヘミシンク実践シリーズ)
ハート出版
坂本 政道

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヘミシンク入門?未知領域への扉を開く夢の技術 (驚異のヘミシンク実践シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

東方空宴歌 -SAI- 【同人CD】
領域ZERO

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東方空宴歌 -SAI- 【同人CD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

選ばれし者

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 選ばれし者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シニアナビから来ました。
信仰のことはわかりませんが、無意識による行動というのには、何か納得するものがありました。不覚にも、涙がこぼれた記憶は私にも、、、。
虎猫
2016/11/09 18:52
神様が、人間に気づかれずに働きかけられるとしたら、人間の無意識の領域ではいなでしょうか。ふと、そんな気がしました。
きみだんご
2016/11/10 13:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
涙が落ちる 日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる