日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きな古時計&ジャズ・ピアノ

<<   作成日時 : 2014/10/17 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大きな古時計&ジャズ・ピアノ

作成日時 : 2006/01/21 20:27 >> ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11


 今週は、最近知り合ってリコーダーのパートナーになって頂いている、鈴木隆さんと、1月17日火曜日午後7時から、私の自宅でアルトリコーダーの合奏の練習をした。2回目の練習である。楽譜は、全音楽譜出版社「新版アルトリコーダーテキスト(下)」田中吉徳編を使っている。鈴木さん、はかなりの熟練者らしく、次回でこのテキストは一通り終わってしまう程の早さである。今までは初見でやってきたが、後半はバッハ、テレマンが登場し、次回のためには、大分練習が必要な感触である。充分練習しようと思う。

 1月19日木曜日3時に、ピアノの斎藤先生のところで練習をした。いつも、まずハノンをやるが、自宅でハノンをやることはないのは怠け者の証拠であろう。DOREMIの「発表会に役立つ初級ピアノ小曲110選」という楽譜を見つけ、気に入ったのでこれを練習素材にしてもらっている。「初級」となっているが、発表会用なので、内容はかなり充実している。ベートーベンのトルコ行進曲を練習したが、トルコ行進曲とはどう弾くか勉強になった。その後、「大きな古時計」を弾いた。G−E7−Am−Adim−G(又はEm7)−D7-Gと転調が含まれている部分が泣かせる洒落た編曲である。ト長調であるが、B7-Em7−A7−(D7)−G(Em7)のところも良い。

 ピアノというのは両手で弾くのでかなり難しい楽器の一つだと思う。ピアノほど教則本の多い楽器はない。私の基本練習方針は簡単な曲をなるべく多くこなし、楽器に体を馴染ませることである。ツェルニー100番、30番の練習は毎日欠かさない。ピアノやギターのような和音を出せる楽器をマスターするには理論の理解も必要で、最低20年練習しなければ、聞けたものではないと思う。しかし、音楽の理解のためにはこれ程適した楽器はないと思う。

 話は戻るが、「大きな古時計」を初めて聞いたのは小学生の時だった。古時計が止まったのが、おじいさんの死を象徴するということは、子供心にも充分理解でき、悲しいが美しい曲だと思った。今はこの曲が、私の父の姿と重なるのである。そして人生の2/3以上を生きてしまった自分の姿にも重なるのである。子供の頃から太陽に寿命があることを知り、その知識とこの曲の二つは、私にある種の諦念を植え付けた。私の中にある諦念は、東洋思想の伝統とは全く関係なく、こういう理由によるものである。

 私は拙い指使いで「大きな古時計」を弾く。そして涙がこみ上がる。

 なんと悲しく美しい曲だろう。

***********************************

 ジャズ・ピアノと言えば、ビル・エヴァンス、オスカー・ピーターソン、ジョージ・シアリング、ケニー・ドリュー、ドン・フリードマン・・・・とかが我輩の好みです。我輩もピアノを18年ばかりやっておりますが、とてもとても、彼らの演奏レベルの足の裏にも及びません。でも、そんな人も多いんじゃないですか。そんな人たちに救いのCD付き楽譜があります。それは

藤井英一の
「ステップアップ・ジャズピアノ」
楽しく身につくセオリー&レパートリー集

という楽譜がヤマハから出版されています。技術的にはツェルニー30番以下で大丈夫です。ツェルニー100番は半分くらいやっていたほうがよいかも知れません。バイエルは言うまでもありません。藤井英一さんは大橋巨泉に日本のオスカー・ピーターソンと呼ばれたとか言われます。この楽譜には「私の音楽歴」で藤井英一さんの自己紹介があります。

技術的には難しくはないのですが、シンコペーションやスウィング感を出すのは、クラシックばかり聴いたり弾いたりしている人には難しいかも知れません。ジャズばかり聴いてきた我輩には、そこの辺は問題ありません。クラシックを弾いても、スウィングしたり、弱拍が強くなってしまい、ピアノの師匠から笑われますからね。でもCD付きだから大丈夫だと思います。曲目は

・茶色の小瓶
・聖者が街にやってくる
・ブルー・レディーに紅いバラ
・スターダスト
・オール・オブ・ミー
・嘘は罪
・バイ・バイ・ブラックバード
・ブルー・ムーン
・朝日のごとくさわやかに
・デイ・バイ・デイ
・ス・ワンダフル
・テンダリー
・サムタイム・アイム・アッピー
・我が心のジョージア
・イッツ・オンリー・ア・ペーパー・ムーン
・アラバマに星おちて
・マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ
・明るい表通りで

シンプルな編曲なので、理論の知識があれば、再編曲し、ビル・エヴァンス風に加工芸術を楽しむことも可能です。アドリブフレーズも盛り込まれているので、アナライズすればアドリブも習得できる内容です。上記の如く洒落た選曲でもあります。いくらでも深読みが可能な楽譜です。

以前から気づいていたのですが、正式な音楽教育を受けた人たちの多くは、確かに演奏技術はしっかりしていますが、それ以外は苦手なようですね。。音楽に対して偏見や誤解を抱いているのは不思議です。音階には長音階と短音階しかないと断言する音大卒までいますから、日本の音楽教育には創造性を押し殺してしまうような致命的欠陥があるようです。事実、作編曲までこなすのは、むしろ、音大卒の人たちではなく、他の学部を出た人たちや、素人の音楽好きに多いものです。もちろん理論面まで詳しい音大卒の方はいます。

作編曲というのは一種の設計ですから、理系に作曲家が多いのもうなずけます。絶対音感とか感覚的なものは作編曲では重要ではなく、むしろロジカルな思考ができるかどうかが重要な点です。作編曲は英作文より簡単なはずです。音楽には意味論がなく統語論だけがあるだけですから。

「この世は美しいメロディーだ。但し語られる科白は無茶苦茶だ。」とかいう言葉があったと思います。音楽の世界はその科白がなく、美しい無意味な音の形式なのです。ただただ美しいはずです。

ところで、この我輩はインターネットの世界では社会学の先生になっていますが、どうしてなんでしょ。工学部卒業なんですけどね。(下記URLをみて確かめてみてね)

http://a.hatena.ne.jp/contractio/simple?gid=173015


それでは、また。


コメント(11件)
内 容 ニックネーム/日時
草笛演奏を趣味としておりますLeafmanです。7月22日の午後、故郷の公民館で、聴衆300人ほどで、コンサートがありました。当初は「大きな古時計」をピアノと合奏する予定でしたが、貴ブログを拝読し、これはピアノソロでなければならない、と確信し、当日、私は言葉でのイントロだけにしました。ピアニストも自分のおじいさんを想いながら演奏し、多くのお客さんも涙ぐみました。この1曲がコンサート全体を盛り上げてくれました。貴ブログに感謝申し上げます。 Leafman
URL
2006/07/25 12:41
Leafmanさんへ

コメントありがとうございます。私はリコーダーも吹きます。「大きな古時計」は名曲で、草笛やリコーダーの独奏でも充分鑑賞に堪える曲だと思います。次回は是非草笛で演奏して下さい。私の知人のリコーダー奏者小俣達郎さんは、道端に転がっている穴の開いた石ころなどを拾ってきて、それを楽器代わりに使って曲を吹いてしまいます。きっと、草笛と同じ原理を用いているのでしょうね。

いつか、草笛の演奏を聴けることを、祈っております。

それでは、これからも宜しくお願い申し上げます。 荒井公康
URL
2006/07/25 14:12
荒井様

ご返事のコメントありがとうございました。小俣達郎さんは、小生の尊敬する友人でもあります。荒井様のこと、小俣さんのこと、小生ブログ「一葉無限」に記しておりますので、ご笑覧いただけましたら幸いです。「大きな古時計」を草笛演奏できるように精進して参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。 Leafman
URL
2006/07/25 16:10
ミュージックソフトのご紹介ありがとうございました。「おおきな古時計」でご縁をいただき、感謝申し上げます。小生ブログからリンクを張らせていただきましたので、ご了承ください。貴ブログへの来訪者が増えるよう念じております。 Leafman
URL
2006/08/29 21:49
Leafmanさんへ

リンクを張って下さり有難う御座います。

LeafmanさんもブログだけでなくHPも持たれたら如何ですか。MIDIファイルの公開など、ブログよりも融通が効きます。URLのアドレスをプロバイダーから取得し、HPビルダーを使えば、3日以内で開設可能です。 荒井公康
URL
2006/08/29 22:10
ご助言ありがとうございます。小生自身も考えていることなのですが、なかなか踏み出せないでおります。もう少しPC全般の修行を積んでトライしてみたいと存じます。今後ともよろしくお願いいたします。 Leafman
URL
2006/08/30 09:15
Leafmanさんへ

これは「案ずるよりも生むが易し」だと思います。私はIBM(ソースネクスト)HPビルダーを使っていますが、「できるHP」とい本が付いていて、それに従えば、簡単にできてしまいます。ワープロのWordより単純です。転送ソフトも付属しています。Wordの方が凝ったページが作れ、それを混用しても、HPを作成できます。

いずれにしても意外と簡単です。

Perl,PHPなどとなると少しやっかいですが、そこまでやる必要はないと思います。 荒井公康
URL
2006/08/31 18:09
荒井様
 重ねましてのご助言ありがとうございました。「案ずるよりも生むが易し」を頼りに、踏み出すようにいたします。また、よろしくご指導ください。 Leafman
URL
2006/09/03 19:14
荒井様
 金曜日の夕方、秋葉原のヨドバシカメラに行き、Siger Song Writerを手に入れて参りました。値段と、草笛仲間の田中さんが使っているものですから、分からないところがあれば田中さんから、直接手ほどきを受けられると思い、このソフトにいたしました。なんとかインストールできましたが、使いこなすのは、まだまだ先になりそうです。ご示唆をいただき、ありがとうございました。 Leafman
URL
2006/09/11 09:23
Leafmanさんへ

私のお勧めしたソフトは小学生でも使えるもので、楽譜ワープロとしても使えるものです。ただ店頭販売でなく、注文しなくてはなりません。

「Singer Song Writer」の使い勝手はどういうものか分かりませんが、うまくいくことを願っています。 荒井公康
URL
2006/09/11 21:22
荒井様
 お勧めいただいたMusicProも、ヨドバシカメラでは店頭にありました。説明を読みますと、機能は分かりましたが、使い勝手までは分からず、中学生並みのを買ってしまったのかもしれません。田中さんの手ほどきに対する期待に併せ、価格に惹かれた面がかなりあります。
 無事インストールは済みましたが、時間がなくて、まだ「使って」はおりません。作品をお送りできるまでになれたら、と夢見ております。 Leafman
URL
2006/09/13 11:25





荒井公康
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kimmusic/
http://kimyasu-arai.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大きな古時計&ジャズ・ピアノ  日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる