日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏祭り、読書と音楽etc.

<<   作成日時 : 2016/08/07 12:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 8月7日日曜日は全国的に夏祭りの日のようだ。最近は暑くなってきたので、自転車での散歩も、距離を短くした。川崎方面に行くのであるが、西口には行かず、途中で曲がり、銀柳街を通って、帰ってくる。銀柳街は商店街で人通りも多いので、人恋しさのあまりの私には、寂しさも和らぐ。銀柳街の入り口では、熱中症であろうか、人が倒れていて、警官と救急車が来て、患者を救急車に載せる光景が見られた。私も熱中症対策に、コンビニでポカリスウェットを購入し、飲んできたところであった。皆さんも、こまめに水分をとり、熱中症には気をつけてください。
 今日は行き帰りに夏祭りの行列に出会った。行きは川崎市役所の近くの平和通で、帰りは川崎シネチッタであった。神主さんの格好をした人を見ていると気持ちがよくなった。時々聞こえる笛や太古の響きも気持ちよい。
 気持ちよく帰ってきたのであるが、自宅の部屋に戻ると、なにやら、気が滅入ってきた。テレビをつけて、水割りを5杯ほど飲んだら、リラックスしてきて、やる気がでてきた。こうやって、ブログを書く気にもなった。
 さぁ、これから、読書に励むつもりだ。今日は何を読もうかな。

 8月8日月曜日。全国的に猛暑が続いているようだが、私の地元、横浜・川崎方面は今日は曇りで、幾分暑さも和らいでいる。今日も銀柳街へ行ってきた。銀柳街は思い出深い商店街だ。子どもの頃、よく親に連れられて買い物にきた。昔なじみの店も数件残っている。岡田屋や、さいか屋は言うまでもない。
 私の両親は、給料日が来ると必ず、銀柳街にあるレストランに食事に連れていってくれた。裕福とはいえなかった当時、月一回の贅沢だった。決まって洋食だったが、最後にいつも注文した、ミックスジュースのことは今でも忘れられない。これ以外にも、両親と外出をすると、必ず外食をするのも習慣だった。子ども思いの両親だった。今思うと本当に懐かしい。そして、家へ帰ると、一人きりで、悲しく、寂しい。今日も、水割りを飲んでしまった。
 銀柳会では、母がよく、私に、靴や洋服を買ってくれたのもよく覚えている。

 8月9日火曜日。今日は今年最高の暑さのようだ。山梨県では気温が39度を越えたところもあるようだ。オリンピックが開催されている地球の裏側のブラジル・リオデジャネイロは涼しいようだ。男子体操が金メダルをとってくれて嬉しい。柔道も大活躍だ。
 午前中にコンビニに買い物に行ったところ、外は焼けるような暑さで、急いで帰ってきた。さすがに自転車で川崎まで行くのはやめた。早めに読書を開始した。最近は数学に凝っている。代数系の本を読んだ。行列環など懐かしい響きがする。音楽を計算機で扱って長年になるが、音楽を数学的に直接表現するのは不可能のようである。しかし、私の自動作曲システムなどの音楽関連システムでも、基本的な数学的概念は必要であった。集合論、組み合わせ理論、代数、写像などの概念は到るところに出てくる。ただし、高度な数学は使っていない。数値計算というよりも、もっぱら記号処理の威力に負うところが大きい。音楽の記号に数値を対応させて、転調などの操作を行っている。記号同士の計算はできないが、数値を対応させておけば、計算が可能になる。一種の記号接地問題である。そういう意味では、直接に高度の数学を使っていなくとも、ある程度の数学的常識は必要であった。なお、Googleで「自動作曲システム」で検索すると一ページ目に出てくるようになった。旋律生成アルゴリズムや曲の知識表現を変えれば、HPに公開しているのとは違った印象の作品ができるはずである。本システムを参考に、他のシステムが構築され、多様な音楽が生れればよいと願っている。きちんとした自動作曲システムはまだまだ少ないようである。本システムを参考にされたい。

 8月11日木曜日。今日は少し涼しいので、自転車で川崎まで行くことにした。第一国道の鶴見橋の途中で、教会のEさんが声を掛けてくれた。一日一回でも人と話せるのはありがたい。教会のMさんとも、よくここらへんで出会う。最近は教会に行っていない。私は信仰心が強くないので、知らず知らず、教会からも遠のいてしまっている。聖書は読んでいるのであるが、それだけで疲れてしまう。いっそ読まないほうが、教会に行く気になるかも知れない。
 9日10日に比べると随分と涼しいので、気持ちよく散歩することができた。帰ってきて、哲学、人工知能、数学の本を斜め読みした後、DVDでビル・エヴァンスの演奏を楽しんだ。1965年の録音である。とにかく、ビル・エヴァンスはカッコよい。演奏を聴いていると、気持ちが高揚してくる。自分もカッコよくなった気分だ。私も後20年生きられるか分からないが、カッコよく生きて、カッコよく死にたいものだと、ふと、思った。

 8月15日月曜日。読書を止めて、気がつくと、蝉がしきりに鳴いている。今日は終戦記念日だ。戦後10年目に生れたのでは、戦争と言っても実感が湧かない。呆れたことに、子どもの頃は、戦争映画にあこがれて、戦争とはカッコよいものだとまで思っていた。戦争ごっこは、子どもがよくする遊びであった。最近は遊ぶ子どもの集団が見られないのであるがどうなっているのだろうか。
 両親は戦争経験があったので、子どもの頃は、戦争中のことを両親から聞かされたことがある。しかし、私の両親の話は、当時の食糧事情などを面白おかしくしたようなものであった。父も戦争に行ったわけではない。そんな父も空襲で死に掛けたこともあったらしい。
 戦争を知らず、平和ボケの私は、終戦記念日もただぼんやりと過ごすだけで、反省の気持ちも起きない。しかし、若い頃から、仕事と人間関係という、戦争とは別種の戦いに望んでいたといえなくもない。戦争ではなくとも戦いはある。
 戦争とは残酷で悪いことだと思っていても、本当に実感が湧かない。それは、いけないことだと思っていてもどうしようもない。戦後71年、戦争体験者も少なくなりつつある。戦争体験を風化させてはならい、と思っても、私にはどうしようもない。そんなことを言う資格もないのだ。せめて、戦争を体験した人々に対して、申し訳ないという気持ちは持っていたいと思う。そして、平和のありがたさなら充分知っていると言えるから、戦争には反対する立場でいたいと思う。

 8月19日金曜日。昨日は台風7号の影響で、9日同様に暑い日だった。自転車での散歩は諦めた。今日、川崎方面へ自転車で出かけたところ、意外に涼しかった。太陽の日差しは強いが、吹く風に秋の涼しさを感じる。立秋も過ぎたから、暑さのピークも過ぎただろうか。
 最近、インターネットで、私が最初に勤めていた会社で開発していたセラミックが実用化され利用されていることを知って嬉しく思った。その会社とはいろいろあって、詳しいことは言えない。いずれにしても、中途で転職した。配属に不満を持ってのことであったが、今考えれば、会社のほうが大所大局から見ていたので、会社の配属のほうが正しい判断だったと思う。実際、そのセラミックの開発には短期間しかかからなかった。
 その会社に残っていればどうなっていたかと思うこともあるが、転職して人工知能や計算機言語Lispの世界に触れることができたのは幸運でもあった。これで、私の長年の念願であった音楽を計算機で扱う技能を身に付けることができたのだから。最初の会社では、C言語が限度で、Lispは使わせてもらえなかっただろうし、人工知能とも無縁であっただろう。
 今更、あの時はこうしていれば、と考えても仕方のないことだし、益もないことだ。最初の会社に残っていたとしても、もう定年退職だ。大学では、化学、最初の会社では、送変電工学、2番目の会社では、人工知能と、幅広い経験ができたのは幸いだったと感謝するしかない。専門外の仕事ばかりで、大変であったが、それが運命だったのだろう。2番目の会社も早期に退職することになった。専門外だったので致し方ない。
 人生に悔いなし、と言いたいところだが、そうもいかないし、男らしく、潔く諦めるしかないのだろう。私も社会的責務は果たしたものと自負している。苦労ばかりであったから、そのくらいはいいのではないか。

 8月21日日曜日。「公康、また台風だよ。よく、来るね」と、母が生きていたら、私にそう話しかけてくるような天候が続いている。母とはよく天候の話をしたものだ。今年のように、低気圧が日本近海で台風に変わるなどというのは珍しいことだ。私は初めて聞くことである。逆の話ならばよくあることだ。
 今日も、川崎方面に自転車で出かけた。少し暑いが、体を動かして、たまに汗をかくのは気持ちがよい。清々しい気分になる。
 今日も教会に行かなかった。いや、正確に言うと、行けなかった。理由は分からない。これも、神の思し召しかも知れない。もっと聖書を勉強してからのほうがよいとのことかも知れない。しばらくしたら、また教会へ行くつもりだ。きのう、Kさんと、聖書の学びを電話を通して行った。次回からは聖霊についての話だ。テキストをざっと読んだら面白かった。
 なかなか祈る習慣がつかない。一人暮らしの私には、毎日、何もないと言ってよいから、きっかけがつかめない。

 8月22日月曜日。台風9号の影響で、横浜も豪雨だ。今日は、一日中、家にこもっているしかないようだ。気が滅入るが致し方ない。天候を選ぶわけにはいかない。
 昨日は久しぶりにDVDで映画を観た。トム・ハンクスとジュリア・ロバーツの「幸せの教室」とオードリー・ヘプバーンとジョージ・ペパード主演の「ティファニーで朝食を」である。恋愛映画はハッピーエンドがよい。こういう映画を観ると私も若返る思いで胸が熱くなる。
 本を読むばかりでなく、今日もDVDで映画を観ようかな。人生楽しまなきゃ。映画を観て、昔を思い出すのも、よい慰みになる。この雨で退屈な日に、何の映画を観ようかな。
 8月22日午後。NHKでは一日中台風に関する情報を伝えている。午後になってから、映画「レナードの朝」をDVDで観た。1990年に映画館で観た記憶がある。もう、26年前である。まだ、両親も健在で、私も2番目の会社に順調に勤めていた。関係ないが、この映画は女性と観にいった覚えがある。昔観た映画を観直すと、当時の私自身の状況や生活状態も思い出される。あの当時は、まだ景気がよく、私の生活も余裕があった。当時は、こんな人生になるとは夢にも思っていなかった。当時の自分には今現在とは異なる将来があると確信していた。現在を見れば私は負け犬だ。人生の敗残者だ。キリスト教に頼っても平安は得られるだろうが、未来はないことは確かだ。しかし、心は持ちようだ。この先何もなくてもいいではないか。こうやって、普通ではないが、衣食住に不自由なく生活できているのだから。過去も満更でもない。想い出を大切にして生きよう。昔の映画を観て、昔のことを思い出し、現在を豊かに生活しよう。「レナードの朝」のレナードのような人生もあるのだから。それに比べれば、私の人生は、幸せなほうだ。

 8月23日火曜日。台風も去り、横浜は曇天続きで、それほど暑くもなく、夏も終りの気配を見せる。作新学院の甲子園優勝とリオ・オリンピックの41個のメダルが、今年の夏の思い出だ。テレビも普段どおりに戻り、少し寂しい感じがする。
 今日も、川崎方面へ自転車ででかけた。汗が少し出たが、かえって気持ちがよい。今日は読書だけで、映画は観ないつもりだ。最初の会社での技術資料を読んでいる。社外秘なので、今読んでも面白い。本当は退職時に返却すべきものだったが。もう、30年くらい以前の資料だから、構わないだろう。技術の進歩は著しい。もはや時代遅れだろう。あまり、いい思いではないのに、何故か懐かしい。過ぎ去れば皆懐かしく秋の空昔の写真いまだにここに。







荒井公康
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kimmusic/
kimi1955-music@kir.biglobe.ne.jp





詳解微分積分演習?基礎から本質の確かな理解へ (数学基礎コース)
サイエンス社
加藤 幹雄

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 詳解微分積分演習?基礎から本質の確かな理解へ (数学基礎コース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

シグナルとシステムの数学?画像・信号処理のための数学的原理
森北出版
浜 裕光

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シグナルとシステムの数学?画像・信号処理のための数学的原理 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




アルキメデスの大戦(1) (ヤンマガKCスペシャル)
講談社
三田 紀房

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アルキメデスの大戦(1) (ヤンマガKCスペシャル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

数学者が見た 二本松戦争
並木書房
渡部 由輝

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 数学者が見た 二本松戦争 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏祭り、読書と音楽etc. 日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる